いろいろあるけど

日常のできごと

飲む育毛剤の副作用が怖い!

飲む育毛剤について調べてみました。


実は、夫が飲んでみようかと言ってるので、副作用とか気になったんです。身体に影響があったら、元も子もないですものね。


育毛剤には飲むタイプと塗るタイプの2種類があり、飲むタイプの育毛剤はお手軽なので人気がありますが、気を付けないといけない点もいくつかあります。


飲む育毛剤のメリットは有効成分が抜け毛にダイレクトに効果があることのようです。


脱毛専門のクリニックで診察と処方を受ければ、毎日1回服用するだけという手軽な 脱毛症の治療方法です。


効果が現れるのに数か月かかりますが、それなりに効果を実感している方も多いそうです。


副作用が現れたり、現れなかった方もいるので人それぞれの口コミが多いですが、効果を実感するまで、時間がかかったり副作用も出た方もいるみたいですね。


継続して使用することが必要な薬ですが、発毛したという実感が高い声も多いです。


飲み薬で効果が実感できるというのは薄毛の治療の選択肢が広がってきます。


もちろん、メリットばかり見るのではなく副作用のことも考慮しないとって思いますね。


飲む育毛剤は育毛に有効な成分を直接身体の中から作用させようとしているものです。


もちろん個人差はありますが、人によっては服用した育毛剤が身体の中で悪い反応してしまうことがあるとのこと。


また、本来別の用途でつかわれていた成分を改善、転用して育毛用にしたというものもあるため、血圧の上下が激しい人など、疾患持ちの人は特に気をつける必要がありそう。


ですが、飲む育毛剤は、副作用が指摘されるのにも関わらず、一定の支持を得ています。


それはやはり、高い育毛効果が期待出来るからなんですね。


高い効果の反面、副作用があるということですが、 飲む育毛剤は、口から飲んで当然胃に入ります。


その後、小腸で吸収された後、育毛剤の成分は血液に乗って 全身に行き渡ります。


つまり、局所的に塗るタイプの育毛剤とは違って、身体の内部から確実に毛根に行き渡り直接作用します。


そのため、高い育毛効果が期待出来るわけです。


塗るタイプの育毛剤の場合は、欲しい部分にあてているつもりでも、 そもそも髪の毛が邪魔になるなど、 十分に毛根に浸透、作用しない可能性も考えられます。


このことからも飲むタイプの方が確実な効果が期待できるということのようです。


とはいえ成分が全身に行き渡ってしまうため、身体の別のところで、使用目的とは違う影響を与えてしまう可能性があり、これが副作用となって現れるんですね。


ちなみに、塗るタイプの育毛剤であっても、 幹部から身体に浸透し、別の部分に影響を与えることもあるようですけどね。


う~ん、どうしましょ!

若々しさを保ちたい夫の気持ちは分かるんですけど、やっぱり副作用が怖い!


健康でいてくれるのが一番なんですけどねー!